費用相場について

ハードディスク

障害の種類などによって費用相場は変わる

データ復旧を業者に依頼する場合、一番心配なのは費用がどれだけかかるのかということかもしれません。そこで今回は、障害の種類や症状の重さによって費用が変わることや、実際の費用相場について紹介します。まず、データ復旧の費用相場というのは、数万円〜数十万円と大きな幅があるのが特徴だと言えるでしょう。なぜ費用に幅があるのというと、業者の料金設定による違いもありますが、主に障害の種類や症状の重さによって変わるものだと言えます。障害の種類には、機器自体に問題がなくデータに不具合が起こっているという「論理障害」と、機器自体が破損して起こる「物理障害」の2種類があります。費用に関しては、物理障害のほうが対応も難しいため、比較的症状が軽いと言える論理障害よりも費用が高くなるのが一般的です。そして論理障害と物理障害には、軽度・中度・重度という症状の違いがあり、重症になるほど費用も高くなります。では、実際の費用相場はどうなっているのかというと、まず「論理障害」の場合は、軽度が3万円〜6万円程度で、中度が5万円〜10万円程度、重度が10万円〜25万円程度になります。一方の「物理障害」の場合は、軽度が4万円〜12万円程度で、中度が10万円〜40万円程度、重度が20万円〜70万円程度になるのが相場です。ちなみに、軽い論理障害で使えるデータ復旧ソフト(自分でデータ復旧ができる)は、数千円〜1万円程度で購入できるためリーズナブルですが、安全性や確実性に欠ける点がデメリットです。