プロの技術で安心

ミニチュア データ復旧にはいくつかの方法がありますが、素人が行うことでかえって危険なケースも考えられます。もし自分で上手くサルベージする自信がないのであれば、確かな技術を持つプロが作業してくれるデータ復旧専門会社に依頼するのがおすすめです。

詳しく見る

費用相場について

ハードディスク データ復旧を業者に依頼する場合の費用相場は、障害の種類や症状の重さによって幅があるのが特徴です。比較的症状の軽い論理障害は、3万円〜25万円程度で、機器自体が破損して起こる物理障害は、4万円〜70万円程度が相場です。

詳しく見る

再びアクセスできる

女性 データ復旧サービスは突然パソコンの電源などがオフになってしまいデータにアクセスできなくなった場合などにとても助かるサービスです。失ったデータに再びアクセスできることが可能になるなどの大きなメリットがあり、人気があるのです。

詳しく見る

なぜ注目度が高いのか

ハードディスク データ復旧サービス会社は、大切なデータを失ってしまってパニックになってしまった時にとても心強い存在です。そのようなときには落ち着いて行動し、すぐにデータ復旧サービス会社に連絡してアドバイスを受けることがおすすめです。

詳しく見る

依頼先を決めるには

ハードディスク 確実にデータを取り戻すためにも、復旧業者に依頼する際にはよく比較した上で安心できるところを選ぶのがおすすめです。例えばこれまでの修理実績が豊富な業者であれば、確かな技術を持っていると判断できるでしょう。信頼性も高く安心です。

詳しく見る

パターンごとに異なる

ハードディスク

その種類や費用

日本では、広くパソコンやスマートフォンが広まっていることから、仕事をする上で非常に効率的にできるようになりました。しかしその反面、大事なデータ等がなくなってしまうと仕事が停滞してしまうでしょう。自分自身であるいは会社の誰かがデータ復旧をしてくれるならば特に問題はありませんが、そうでない場合は業者に依頼することが必要になります。業者に依頼する場合に知っておきたい事は、どのような場合にいくらぐらいかかるかです。実際には、料金等は業者によって異なるため、明確な金額を説明することができません。しかし、おおよその金額ならばわかるものです。例えば、スマートフォンやパソコンなどを地面に落としてしまった場合、データの損傷具合は落とし方によっても異なります。ハードディスクまで壊れていない場合、復旧させる事はそれほど難しくないでしょう。そもそもハードディスクの交換をしないため、お金もそこまでかかりません。30,000円位で修理をしてくれるところが多いです。これに対して、損傷が激しい場合や水没してしまった場合なども考えられます。パソコンが水没する事は滅多にありませんが、スマートフォン等は水たまりに落としてしまった場合などは完全にハードディスクから壊れてしまいます。この場合のデータ復旧の方法は、ハードディスクを交換した上で行うため100,000円前後のお金がかかるケースが多いでしょう。データ復旧には、2日から3日ぐらいの時間がかかることが多いです。